フリーズドライ製品を作っている中小のお店がないのはなぜ?

フリーズドライ製品はどうしてもスケールメリットが出てきます。すなわち、規模が大きいほど利益率が大きくなる世界です。天野フーズさんとかは新幹線の列車のような管の中で大掛かりに、一度に何万食も味噌汁などを生産しています。減価償却費に鑑みると、どうしても単価が高い製品を売らないともとが取れません。

中小のお店がフリーズドライを作る時代の到来をサポートしていきたいと思います。それには装置価格が安くないと。販売量がなかなか増えない世界。安い装置が出てくると、装置販売台数も増えて、フリーズドライが身近になると思います。漢方薬局に1台とか。ちょっと私はそれを目指して、薬局してみたいのです。💦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です