災害備蓄用にフリーズドライ食品が適している理由とは?

災害備蓄用にはフリーズドライ食品が最も適しています。フリーズドライ食品は食材にほとんど水分を含まないため、長期保管ができます。つまり、消費期限が一般的に長いものが多いです。どうしたら長期保管できるかというと、乾燥もですが、中身が酸素に触れないことも重要です。乾燥していても食材は酸化するため、ガス透過性が低いアルミ箔コートのラミネート 袋で真空または脱酸素剤をいれるて保管すると、5年や10年は問題なく食べられます。香りは変わったとしても、食べられないようにいたんだりしません。腐敗しなければ何年でも食べられると思いますので、そういう意味では何十年ももつかもしれません。酸素と水分さえ入らなければ、食材成分の化学反応は極めて起こりにくい環境と言えます。ウイルスやバクテリアまで安定して長期に保管できる手法であるため、生物兵器にも応用されると言われています。したがって、真空凍結乾燥機は政府の承認を受けずに輸出ができません。災害備蓄用にフリーズドライ食品が適している理由とは?フリーズドライ食品は食材にほとんど水分を含まないため、長期保管ができます。つまり、消費期限が一般的に長いものが多いです。どうしたら長期保管できるかというと、乾燥もですが、酸素に触れないことも大切です。乾燥していても酸化してしまうため、ガス透過性が低いアルミ箔コートのラミネート 袋で真空または脱酸素剤をいれると5年や10年は問題なく食べられます。香りは変わったとしても、食べられないようにいたんだりしません。腐敗しなければ何年でも食べられると思いますので、そういう意味では何十年ももつかもしれません。酸素と水分さえ入らなければ、食材成分の化学反応は極めて起こりにくい環境と言えます。ウイルスやバクテリアまで安定して長期に保管できる手法であるため、生物兵器にも応用されると言われています。したがって、真空凍結乾燥機は政府の承認を受けずに輸出ができません。

ちょっと脱線しましたが、災害備蓄食品としては、長期保管できるものが最適。また、水だけあればなんとかなるというのも利点です。お湯を沸かすことができればベターです。良い一度、ラーメンやうどんをフリーズドライしてみたいですね。3分待たなくて良い麺が出来上がります。でも、のびるのが早いかな?

様々な食品がフリーズドライ法によって、長期保管が可能となります。消費期限 を過ぎて廃棄される食材を全てフリーズドライにしてはどうでしょうか?あまりにも莫大な量で非現実的かもしれませんが、こんご 数十年内には確実に人類は食糧危機になります。人口増加を止める必要も大切ですが、人も食べられる穀物をたくさん消費する家畜の肉を食することも再考の余地があります。あとは廃棄するぐらいなら、廃棄する前にフリーズドライにして飢餓で苦しむ国に無償提供するべきと思います。フリーズドライも太陽光発電だけで行うのも、面白いかもしれません。余ったものはとりあえずフリーズドライにしてパッキングしておく。自宅にもこうして備蓄してはいかがでしょうか。笑

フリーズドライ辞典トップに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です