フリーズドライ装置にはどんな種類があるの?

真空凍結乾燥機(フリーズドライ装置)は、

1)水分を氷として補足するトラップの温度が異なるもの

2)乾燥対象物をのせるトレーを置く棚が加熱できるもの

3)上記棚が冷却できるもの。これはその棚で凍らしてからそのまま真空凍結乾燥処理を行えます。したがって、冷凍庫を別に準備する必要がありません。

4)ポンプにはオイル式と、オイルを用いない非油式真空ポンプがあります。非油式真空ポンプでお勧めはルーツ式。私の1番のお気に入りです。少々高いです。予算が厳しい時はオイル式で我慢します。オイルミストという煙が少々出ますので、換気が必要です。ポンプは定期的オイル交換も必要で、もちろん使用頻度によりますが、ポンプ本体は1〜2年くらいで交換が望ましいです。オーバーホールサービスもあります。

本体には冷凍機が搭載してあります。ここさえ壊れなければ、劣化する部品を交換すれば何十年も利用できる単純構造です。冷凍機が壊れても、地元の冷凍機屋さんで丸ごと交換も可能です。

頭をひねるところは、何を乾燥させるか。フリーズドライヤーが家庭に1台あると、とりあえずなんでも乾燥したくなります。😅

ホームページトップに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です